ロンドンでパン教室を開講しています
by 11monaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
LINK
パン教室のホームページ
Audley Baking School

詳しい教室案内やレッスン内容、お問い合わせ、入会申し込みはこちらのホームページをご覧ください。
生徒さん・卒業生専用BBS
パンについて皆さんで語り合いましょう。みなさんの交流の場として、この掲示板をご利用ください。

生徒さんや卒業生のブログ
アロンさんのハンブルク
ロンドン生活
hannah's Bakery
Azul*
パンとお菓子と子供の笑顔
around 30のLONDON便り
真妃の部屋 in TOKYO
La vie de mon_amie
以前の記事
最新のトラックバック
GANTZ ニノ
from 流行のニュース特集!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ウィンブルドン決勝
皆さん 長い間更新がなくてごめんなさい!

どうしてもインターネットとメールが繋がらなくて困っていました

ブロバイザーさんにもお聞きしたたのですが、原因が分からずトホホ状態が長く続いていました


そしてやっと繋がりました!

直して下さったのはあのプリンター事件を解決してくれた、アシスタントKさんの息子さんです


原因はインターネットのセキュリチィーが凄く高くなっていて、ほとんどのものを勝手にブロックしていたそうなのです(?????)

なんで? どうして? 急にそうなるの!

そんな訳で先月後半から更新出来なくなっていたブログですが、又更新を続けますのでよろしくお願いします

昨日はウィンブルドンの男子決勝がありました

再開記念に・・・・・・テニス狂のしまにゃん先生のmixからの盗作をご紹介したいと思います
     
        (決してさぼり癖がついているわけではありませんよ 面白いんだからコレ)





しまねこ風、ウィンブルドン、メンズファイナルの楽しみ方、というと…。

お掃除、洗濯、腹ごしらえは試合前に済ませます。シャワーを浴びて、身を清め、白一色のウェアに早変わり。(これはないです、作りすぎました)でもソファーにはウィンブルドンのタオルをかけて気分を出します。片手に携帯をにぎり、飲み物は机の端において(うっかり興奮してこぼしちゃうといけないから、にゃ。)準備万端。

BBCの試合前の番組もチェック、インタビューや選手紹介がよく出来てるので、試合と合わせて録画、録画。これを見ただけで泣けてきます。始まり、始まり。

ファイナルまで勝ち上がったのは、芝芝キングことロジャー・フェデラーと弾丸サーブを打ちまくるホットロッドことアンディ・ロディック。熱いぜ、二人とも!!まるで2頭のライオンなのだ。がおー。

ロジャーは4大大会優勝記録を15にできるか?これを勝てば№1に返り咲き!!アンディは死ぬまでにどうしてもほしいものがこのウィンブルドンのタイトル。準優勝に泣くことなくトロフィーを手にできるのか?

結果は…というと、ファイナルセットまでもつれこんで、最後は16-14で、ロジャーの勝ち。最後の16ゲームって何、もう長すぎ。ロジャーの光る笑顔、そしてアンディの目に光る涙。素晴らしい試合でしたにゃ。

戦い終わって日が暮れて…、しまねこのウィンブルドン日記もおしまいです。

トロフィーを掲げる芝芝キングの上着の背中、右下に「15」の金文字。やるね、ナイキ。

歴代のチャンピオンも勢ぞろい。サンプラスが来た時にゃー、やるね、主催者!座布団10枚!でした。ボルグの喪服みたいなスーツ、何とかして、と思いつつ。

さあ、次は青マットの庭球ことUSオープンです。去年は見に行ったにゃ~と目を細め、遠くを見つめてしばし思い出に浸ります。

それではみなさん、サヨナラ、サヨナラ。USオープン日記でお会いしましょう





少し前の記事で申し訳ないのですが、これも面白いのでご紹介させて頂きます
(是非来年の参考にして下さい)


チケットよ~し、カメラよ~し、サインペンよ~し、お弁当よ~し、お水よ~し…と限りなく続きそうな指差し確認。

当日(23日ね)のお天気もよ~しってことで、元気良く出発します。

ああ、もうっ、うれしくって、しっぽ膨らみまくり!のしましまです。

ラッキーなちびしまは、前日からWimbledon近くのお友達の家にお泊まり、ママしまはピックついでに車をそこのお家に停めさせてもらえます。駐車場の代金、お高めなので、ありがたにゃ。いつもは電車、です。

1ポイントレッスン:車、混むんですよ。VIPはタクシーで乗り付けましょう。女王様はアッシーをお使いください。

会場には早めに到着、チケットがあるのでらくらくスルー。センターコートより早く始まるアウトサイドコートだって見逃せない選手がいっぱいです。練習用コートだって見ておかないと!そこでチャンスがあれば大好きな選手にサインだってもらえちゃうんだから。おおー。

1ポイントレッスン:チケットのない人はいっこ前の駅で降りて並びましょう。水分の取りすぎに注意ね、並んでいる間にトイレはないのよ。大きすぎる荷物もNG。サイニングポイントに行って、サインしてくれる選手の名前と時間をチェックね。

あっちこっちと忙しく歩き回り、昼過ぎにセンターコートに着席…のはずでしたが、サイニングポイントで愛しの「芝芝キング」を発見!!!練習をしに来たのねっ、超ラッキー…ってことで“忠猫しま公”に変身、待つこと位時間半くらい?(そのうちに黒猫ヴィーナスの試合が終わってしまった)もう二度とないかも、と思ってたのに、またサインをもらえたにゃ~。これって運命

やっとセンターコートに着いたらもうおなかぺこぺこ。弾丸サーブのアンディを見ながらお弁当を食べます。その間もアウトサイドコートのチェックは怠りません。途中で抜けてもセンターに席はあるからいいとこどり、ができるわけ。

1ポイントレッスン:食べ物を買うにも並びます。時間節約、お金節約にはお弁当が一番。長い間いるので、おやつも忘れずに。情報源確保で、小型ラジオを施設内で購入できます。他のコートのスコアをチェックできるので、抜け出すタイミングもばっちり、つかめます。(ちなみに普通のラジオでもOK)ウェブサイトでプレイの順番をプリントアウトしておくとさらに

アウトサイドコートでチェックしておいた試合を見て、選手にサインをもらいたいにゃ。そろそろ引退してしまいそうなサントーロをチェック!スイスN0.2のバブリンカも!成功成功。ここでおやつのストロベリークリームを。お弁当グッズ(ドレッシング入れ)を使用して、クリームまで持参するという徹底ぶり。

1ポイントレッスン:せっかくなので、ストロベリークリームくらいは食べましょう。10個入りだそうです。お砂糖もかけてくれますが、キャスターシュガーなのでちょっとざらつきます。さらにゴージャスに行きたい人はシャンパンバーもご利用ください。

さて、気がつくともう6時、7時ってことも。ヘンマンヒルも人波がそろそろ引いてきそう。7時過ぎになると“Today at Wimbledon”の支度で、ボリスベッカーとか、パットキャッシュとか、ヘンマンにマッケンローなんて有名どころが出没。ブロードキャストセンターの上の方をチェック、チェック。ちらっと見えます。

すっかり日が暮れかけたころ、しましま親子は帰途につきます。なんて楽しい一日だったのでしょう。もう足はよれよれです。隣接するゴルフコースを横切ってお友達の家を目指します。
結構な距離。あと一息かい、と思ったところに「こっちが近道だよ」というちびしま。前に立ちはだかる鉄柵。「これ、登るから」「えっ?マジ…?」
まあ、実際は鉄柵の横のフェンスでしたが、年齢を考えるとありえない行動。無事に骨を折ることもなくフェンスを越えて、車に乗り、帰ってきました。

ああ、楽しかった!!

1ポイントレッスン:靴は歩きやすいものを!お目当ての選手を見つけて走ることも、はたまたフェンスを乗り越えることも?ありだからにゃん。

[PR]

by 11monaka | 2009-07-06 01:14 | しまにゃんコーナー
<< PART1 6回目 追加LESSON 生チョコの誕生ケーキ >>