ロンドンでパン教室を開講しています
by 11monaka
カテゴリ
LINK
パン教室のホームページ
Audley Baking School

詳しい教室案内やレッスン内容、お問い合わせ、入会申し込みはこちらのホームページをご覧ください。
生徒さん・卒業生専用BBS
パンについて皆さんで語り合いましょう。みなさんの交流の場として、この掲示板をご利用ください。

生徒さんや卒業生のブログ
アロンさんのハンブルク
ロンドン生活
hannah's Bakery
Azul*
パンとお菓子と子供の笑顔
around 30のLONDON便り
真妃の部屋 in TOKYO
La vie de mon_amie
以前の記事
最新のトラックバック
GANTZ ニノ
from 流行のニュース特集!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フランスの田舎から うるるん滞在記 ⑧ 最終回
翌朝起きると、ご主人が朝ご飯の用意をして下さっていました

この日も朝からいいお天気だったので、外のテラスで朝食を頂きました

d0146897_6212158.jpg


パンはもちろんYさんの所で買ったパンです
持つとどっしりと重たいパンですが、ドイツのパンほど酸味は強くなく、噛みしめるとしっかりした味を感じます

d0146897_6225483.jpg


私はお昼の電車でパリまで出て、そこからユーロスターでロンドンに帰ります
Kさんは先週から始まった夏のセールをお目当てに、ロンドンからの友人と合流してパリでもう一泊します

午前中は、はるこさんご夫妻がルマンの旧市街地を案内して下さいました

ルマンの町の中心地に、はるこさんがお友達とやっている日本食のお弁当屋さん 「WabiーSabi」があります

d0146897_6453789.jpg


肝心な店内の写真を撮り忘れて、面白いと思った地下の貯蔵庫の方の写真を撮っています

d0146897_651658.jpg


2年前に始められた時は、日本食というのはここだけだったそうです (今はチェーン店などが出店しています)

常連客のほとんどがフランス人だそうです
(もちろん RIKAさんやタカさんのような日本人の方もいますが、日本人自体が少ない町ですから)

はるこさんはフランス人に日本の事を紹介するボランティアのような活動もされています
フランス人の「日本通」の方も多いようです 
特にフランスでは日本の漫画はすごく人気がありますからね
以前パリの地下鉄の車内で、漫画を読んでいる人を見たら、3人とも日本の漫画だったので驚いた事がありました


観光といっても小さい街ですから、教会の建物を中心に残された古い町並みを散策しました

d0146897_6553331.jpg


d0146897_6563918.jpg


こんな不思議な家がありました  宙に浮いたお部屋です

d0146897_6581058.jpg



この貴重な「フランスの田舎で うるるん滞在」を実現させて下さった、はるこさんご夫妻には何から何まで大変お世話になりました


私達は今回が全くの初対面です
にも関わらず、Yさんを紹介して下さった上、Yさんの住む村まで車で送り迎えして下さいました(車で40分)
そしてお夕飯付きでお宅に泊めて下さり、観光にまでおつき合いして下さったのです (最後は駅まで送って下さいました)

私もイギリスに住んでいるので分かりますが、海外に住んでいると、いろいろな方が友人知人を通して来てくれる事が多いです
でもその全ての方達に、自分たちの生活のリズムを変えてまでおつき合いする事はなかなか出来ません

改めて今回のフランスでお知り合いになった方々

はるこさんとご主人のパトリック Yさん夫婦とお嬢さんのアンナちゃん harukoさん タカさん RIKAさん
に心から感謝の気持ちでいっぱいです

はるこさんとパトリックは今年でご結婚30年になる素敵なご夫婦ですが、今でもこんなに仲がいいのですよ

d0146897_7152323.jpg


(これは決してヤラセ写真ではありませんよ)
[PR]

by 11monaka | 2010-07-23 05:40 | 旅行
フランスの田舎で うるるん滞在記 ⑦
Yさんの家に2泊した後、はるこさんの「せっかくルマンまで来たのだから、ルマン市の観光をして帰られませんか?」というお言葉に甘えて、その日ははるこさんの家に泊めて頂くことになりました

「ルマン」というと「24時間耐久レース」が有名ですよね
今年はもう終わっていましたが、その時期はたくさんの人で賑わうそうです

まずははるこさんのお宅へ行き、ここで夕飯をご馳走になりました
この時、マカロンの神様「タカさん」も誘って下さいました

はるこさんの家は、昔農家の馬小屋だった所を改築された家だそうです (端から端までで1軒です)

d0146897_849787.jpg


お庭はいろいろな果物が実り、色とりどりのお花が咲き乱れていました

d0146897_9331391.jpg


d0146897_9334940.jpg


一階のリビングです 

d0146897_9405836.jpg


奥に暖炉があります

d0146897_9414649.jpg


この暖炉にはなんとパンを焼く窯がついているのです 昔は家でパンを焼くのが普通だったのでしょうか?
(もちろん 今は使っていませんよ)

d0146897_9431360.jpg


二階のプライベート・リビングです 

d0146897_9592237.jpg


梁を生かした素敵なバスルームです

d0146897_1011135.jpg


d0146897_1014660.jpg


この日用意して下さっていたのは、「ウサギの串焼き」とズッキーニのキッシュ、特製デザートです
もちろんパンはYさんの所で買った、どっしり重いBIOのパンです
夜8時過ぎてもまだ明るく暖かい日でしたので、テラスにテーブルを出してお食事を頂きました

ウサギの身とドライプルーンと赤ピーマンを串に刺して、グリルしています

d0146897_935456.jpg


d0146897_9363984.jpg


d0146897_9371741.jpg



はるこさんの庭でとれた赤い実のフルーツばかりをマリネした、色鮮やかなデザートです

d0146897_9391859.jpg


「ウサギの身はチキンより臭みがないので、好きなのですよ」とはるこさん・・・確かにそうですね


この食事中 私はマカロンの神様こと、 タカさんにずっと質問をし続けていました

彼の職場での写真です (写真提供ははるこさんです ありがとう)

d0146897_10253710.jpg


彼は日本の製菓学校を出た後、日本で数年 ケーキ屋やパン屋で働いていたことがあるそうです
彼はとても勉強熱心な方で、いろいろな事をよくご存じでした

そしてとても親切な方で、私からのしつこい質問攻撃にも、嫌な顔もせず親切に答えて下さいました 

d0146897_9562031.jpg


夜暗くなってから、ルマン市の旧市街地にある古い教会でやっている「ライト・アップ」を見に行ってきました
「ライト・アップ」というので、ただ下から全体を明るく照らしているだけなのかと思っていましたが・・・・

d0146897_1084218.jpg


d0146897_10102925.jpg


ところがそんな簡単なものではなく、最新のテクノロジーを駆使し、教会全体を被写体にしていろいろなストーリーを映しだしていくのです  それもたくさんのパターンがあって全部見終わるには結構時間がかかります


いや驚きました  時代はここまできているのですね・・・・・


その日は夜遅くまで女性3人で話しました
はるこさんは私と同郷ということが分かりました、しかも年もほとんど同じなのです
彼女は若い頃イギリスに語学留学をされ、そこでフランス人のご主人と知り合ったそうです
そしてフランスで結婚され、今年で結婚30年を迎えるそうです
お二人は今でもラブラブですごーく仲が良いのです
端で見ていても、お二人から出る「ラブラブ・オーラ」が眩しいくらいです

ルマンでも素敵な人達に出会えて、幸せな1日になりました
[PR]

by 11monaka | 2010-07-22 04:41 | 旅行
フランスの田舎から  うるるん滞在記 ⑥
子供達のための「アトリエ」で頑張ったのは、パン職人修行中の10代の男の子達とHarukoさんです(1人は16才とのこと)

d0146897_0422036.jpg


子供達のためにキャラクターパンもつくっていました

d0146897_0433610.jpg


アンナちゃんも嬉しそうですね 

d0146897_0442595.jpg



1日目の夕方は村の人達が集まって来て、一緒に食事をしました
(前もってチケットを買っておきます)

ルマン駅に迎えに来てくれたRIKAちゃんもフランス人のご主人と来ていました

d0146897_0462059.jpg


d0146897_0471190.jpg


d0146897_04818.jpg


d0146897_048549.jpg


d0146897_0493851.jpg


d0146897_0503839.jpg


d0146897_0513358.jpg



こんな賑やかな楽団も出て、雰囲気を盛り上げてくれます

d0146897_053149.jpg


d0146897_0535337.jpg


食事の時にワインを買いに行ったのですが、そこで【このワイングラスを持ってくると、もう①くれる】というような事を手振りで言われました 
「ラッキー!」もう一杯くれるんだ~と、すぐお代わりをもらいに行きました
そうしたらナント返してくれたのは・・・・1ユーロでした あはははぁ・・・甘いですよね(汗)

さて夜も段々遅くなって周りが暗くなってくるといよいよ「フォークダンス」です

昼間 サーカステントのようで・・・なんだろう? と写真を撮っていました

d0146897_105530.jpg


最初、 フォークダンス? この年で? ムリ無理 !!!! と思っていました  見るだけね

d0146897_1112051.jpg


d0146897_1121120.jpg


ところが そろそろ帰りましょう・・・・という頃になって、一番若いharukoさんがつかまりました

d0146897_1141351.jpg


この方も頑張っています♪

d0146897_1152867.jpg




d0146897_1174385.jpg


いやぁ~ 実はこのフォークダンスが、以外と楽しかったのです(笑)
フォークダンスなんて多分中学生の時以来ですね
(好きな人が回って来るまで、どうか曲が終わりませんように・・・・と祈ったものです)

あの頃の様なドキドキ感はありませんが・・・・・ほろ酔い気分で踊る、フォークダンスも結構楽しいものものですよ♪

こちら見学組です

d0146897_1184231.jpg



こうして長い1日が終わりました



翌日はいよいよこの村ともお別れです

夕方はるこさんご夫婦とその友人が迎えに来て下さいました

d0146897_1241477.jpg


せっかく仲良くなれたアンナちゃんが一番別れを惜しんでくれて嬉しかったです

・・・・本当に「うるるん・・・・・」ときちゃいました



さてお迎えの時に はるこさんが連れてきた2人の男性は、ご主人ともう一人謎の男性

・・・・・ナントその方は、マカロンを1日1万個は焼くという超人気ケーキ屋さんのパティシェだったのです

うぁ~そんなマカロンの神様のような方にお会いできて・・・・はるこさん ありがとう!

そしてその彼がとってもいい人で、「何でも聞いて下さい!」って・・・・・またもやウルルンです♪


この続きはルマン市に帰ってからになります
[PR]

by 11monaka | 2010-07-18 00:39 | 旅行
フランスの田舎から うるるん滞在記  ⑤
d0146897_073540.jpg


私のヘタなコメントをつけるより、写真を見て頂いた方が、ずっと雰囲気が伝わりそうです

これが私のランチです  パンも中身も全部この村で作ったものばかりです な~んて贅沢なの!

d0146897_533759.jpg



この中にはさんだソーセージを焼くのはYさんのお仕事でした
(暑い中ご苦労様でした)

d0146897_0135376.jpg


Yさんはイギリスでフランス語を勉強されています
だから「うわぁ~ 生のフランス語だぁ~!」としきりに感激していました
さすがにペラペラというまではいかないようでしたが、知っている言葉を使って上手コミニケーションしていました いいなぁ~ ここでは英語はほとんど通用しませんでしたもの

d0146897_0194687.jpg


d0146897_020253.jpg


さて今回このイベントには4軒のパン屋さんが合同で参加しています

ソフィアさんとこの男性もパン屋さんです 焼き方一つでもみなさん違うのですよね
一緒に写真をお願いしました

d0146897_0234469.jpg


d0146897_0245112.jpg




仕事が一段落つくと、ここへ何度か通いました  (たくさんの人でしょう)

d0146897_0265473.jpg


ここは地ビールを売っている所です  冷たくて美味しかったわ!
ここでマゴちゃんのママに 「マゴを知っているでしょう? 私がママよ」と言われました

このイベント会場のあちらこちらで「Yさんのお友達でしょう?」「Yさんの親戚の方?」なんて声をかけられました Yさんはこの近隣の村では有名な日本人のようです

それに彼女のフランス語は素晴らしいのです(・・・のようです)
独り言はもちろん、私達さえついフランス語で話しかけてくるくらいです もう完全にこの土地溶け込んでいるのですね
[PR]

by 11monaka | 2010-07-17 00:05 | 旅行
フランス田舎から  うるるん滞在記 ④
このお祭り会場のあちらこちらで、子供達がBIOに関したイベントに参加できる「アトリエ」と呼ばれるものが行われていました

「パン作り」もその一つで、たくさんの子供達(大人も)が楽しそうにパン作りを体験していました

d0146897_23232585.jpg


d0146897_23241514.jpg


d0146897_23245757.jpg


d0146897_23254413.jpg


d0146897_23262785.jpg


d0146897_23293344.jpg


d0146897_23302760.jpg


d0146897_23312475.jpg



出来上がったパンを抱えて嬉しそうです

マゴちゃん (アンナちゃんのお友達です)

d0146897_2334785.jpg


この子はとても熱心で、夕方おじいちゃんと一緒にパンを取りに来たのよね

d0146897_03640.jpg


この頃になると、アンナちゃんも私達に大分慣れてきてくれたようで、素敵な笑顔を見せてくれました

d0146897_23385479.jpg


陶芸家のおじさんと一緒に空を飛ぶ?・・・・マゴちゃん

d0146897_235248100.jpg



広場には音楽も流れます♪

d0146897_23445790.jpg


違う広場ではおばさん達が並んでフライパンでクレープを焼いていました

d0146897_23462559.jpg




 まだ続きますよ




今日からTHE OPENが始まりましたね

石川遼君 頑張って欲しいですね(せめて予選を通って長く楽しませてほしいです)
[PR]

by 11monaka | 2010-07-15 23:17 | 旅行
フランスの田舎で うるるん滞在記 ④
広いイベント会場の、薪がまの置かれたブースです
ここでは主に食べ物が売られていました

d0146897_541614.jpg


私達が命じられた仕事は、ランチ用のパンを成形する事と、中に入れるサラダを作ることでした  (他にも洗い物などの雑用もありました)

近くの村でロナンと同じように、薪がまのパン屋さんをされている女性のソフィアさんです
美人で気さくなとても素敵な女性でした
(パン屋の仕事は孤独で力仕事が多い大変な仕事です)

d0146897_546342.jpg


d0146897_5473622.jpg


私達も作りましたよ

d0146897_22472192.jpg


d0146897_22514395.jpg



今回作ったパンはいわゆる「ピタパン」というパンです
焼くと中が膨らんで空洞になるパンで、その中にいろいろな物をはさんで食べる事ができます
この地方では「フエ」とい名前だそうです

d0146897_5525491.jpg


d0146897_6204054.jpg


d0146897_6214191.jpg


スタンドではこのパンにソーセージを入れたり、サラダ、ラタツゥーユなど入れていました

d0146897_5571170.jpg


d0146897_5543522.jpg


d0146897_5583493.jpg


中に入れるサラダは近くで取れた、BIO(オーガニック)の野菜です
私は、カットする最中に周りの目を盗んでは口に入れていました (形はよくありませんがどれも飛びっきりの美味さです!)

d0146897_614992.jpg


d0146897_631377.jpg


d0146897_64733.jpg


取れたて野菜を売っているお店もありました

d0146897_6101771.jpg


お昼頃にYさんのお嬢さん アンナちゃんがやってきました
(昨夜は忙しいために近所の方が預かって下さったそうです)

知らない人(私達)がいて、ちょっぴりママに甘えています

d0146897_683762.jpg




このお祭りが行われているのは昔の城壁の中なのですが、ここは中世の町のたたずまいがそのまま残され、今でも人々が住んでいるのです

d0146897_617277.jpg


d0146897_6174625.jpg


d0146897_6182680.jpg


d0146897_619962.jpg





明日は子供達の楽しそうなパン作りの様子もご紹介しますね

夜のフォークダンスまでいけませんでした
[PR]

by 11monaka | 2010-07-15 05:28 | 旅行
お疲れさま会
うるるん滞在記が、好評のようで嬉しいです

ごめんなさい 続きは明日なのですよ (焦らせているわけではないのですがごめんなさい)

昨日は4月から始まった「春期開講ターム」の最終日でした

朝アシスタントのKNさんに「今日のLESSONはサクサクと快調に終わりましょう!」と言ったにもかかわらず、いきなりスタートからハプニングがありまして・・・・・いつものようにアタフタと余裕のないLESSONとなってしまいました (何とか生徒さんには気づかれなかったと思うのですが・・・)

最終日はやはり嬉しいものです

何年やっていても毎日が緊張の日々なので、しばらくお休みとなるとホッとします

いつもは最終日の夜は呑み会などを入れているのですが、この日は何も予定をいれていませんでした

それでも夕方になると「やっぱりちょっと弾けたい!」という気になって、しまニャンセンセイに「一緒にご飯食べない?」とお誘いの電話をしました
(今娘さんのチビしまは登山中で留守なのです)

しまニャンセンセイも気持ちよく「いいですよ」と言って下さり、日本食レストラン「きらく」でお食事をしました

彼女にも丁度「お疲れさま」的な事があり、ふたりで「おつかれさま!」と乾杯しました
(私はアサヒの生 彼女はウーロン茶で)
この日も「きらく」は大入りで、1時間半で出ることになりました

そうしたらしまニャンセンセイ「うちに寄っていきませんか?」と誘って下さったのです

玄関先ではこの家で一番えらいしまニャン様が、お出迎えしてくれました

そして座った途端に、出して下さったのがこの料理です

d0146897_9342244.jpg


「えっ! いつの間にこんなのを作ったの? 」
「電話をもらってから、家にある材料で、適当に作ったのよ」とさりげなく、おっしゃるしまニャンセンセイ
「・・・・・・・・」

そして
「もう少し飲むでしょう?」・・・と言って開けて下さったのが、このワイン

d0146897_9351474.jpg


1993年物の赤ワイン?

「この年にチビしまが生まれたのよ」


「ええええっ! そんな貴重なワインを飲むなんてもったいないわよ!」

「いいのよ 1本くらい パパしまがこの年のワインをたくさん買い込んでいるから・・・・」

(チビしまの結婚式用にと買い込んでいるそうです・・・・愛ですね)

「だって・・・・・本当に? 本当にいいの?・・・・じゃぁ・・・・」

という訳でしまニャン家では大変貴重なワインを、チビしまもパパしま居ない留守中に開けさせてもらったのです  チビしま パパしまさんご馳走様でした

「♪ 誰もいない海・・・・♪♪♪・・・・」とパパしまが、南沙織の「17才」という歌を、チビしまのお誕生日の時に電話口で歌ったという、あの17才のワインなのです

この年のワインは出来が良かったとのこと(ワインも娘も出来が良くて良かったね)、円やかな口当たりの美味しいワインでした

その17才のチビしまも来年は大学受験なのよね  (しみじみ)

17才・・・・勉強 友情 恋・・・・と多感な年なのよね  (しみじみ)


嵐のサマーコンサートのDVDをバックに、いろいろと楽しいおしゃべりをして帰りました

「ちょっと弾けたい!」とおつき合いしてもらうつもりが、すっかり癒されて帰りました



これも another うるるん滞在記です
[PR]

by 11monaka | 2010-07-14 08:11 | しまにゃんコーナー
PART1 金曜日クラス 最終回
今日が今タームの最終回です

本来なら先週終わっているのですが、フランス旅行の為お休みしたのでPART1の6回目を3回やりました

ごめんなさい・・・・・これでしばらくお休みとなると・・・・・・やっぱり嬉しいです♪


最近LESSONのご報告をサボっていましたが、今日は一応最後なのでUPします

今までのLESSON報告やその他の記事は夏休み中にご紹介しますので、フランスのうるるん滞在記の後もご覧下さいね


今日のメニュー  

ピザ&木の実の黒パン&マドレーヌ


d0146897_71488.jpg



d0146897_6235569.jpg


d0146897_6212775.jpg


d0146897_6202457.jpg


LESSON風景

d0146897_6301076.jpg




d0146897_6313616.jpg


d0146897_6324842.jpg


d0146897_6514285.jpg


ママ達がパン作りに集中できるのは、こうして大人しく待っていてくれる子供達の協力があるからです
(それにしても恐るべしDVD「アンパンマン」の力)

d0146897_63344100.jpg


試食タイム

d0146897_6525691.jpg


d0146897_6572620.jpg


d0146897_658486.jpg


d0146897_6593633.jpg


d0146897_6581534.jpg


こんな素敵な笑顔の為なら・・・・

d0146897_6562043.jpg

[PR]

by 11monaka | 2010-07-13 05:50 | 単発 レッスン風景
フランスの田舎で うるるん滞在記 ③
会場となっている場所は、中世の佇まいを残した城壁の中の広場です

イベントはこの近郊のいくつかの村が協力し合って催す、BIO(ビオ)の食物 商品を紹介するものです
又会場内で子供達が体験できる催し(アトリエ)もたくさん用意されています

今年のイベントの大きな目玉の一つがこの「移動式薪がまで焼くパン」です
昔の物で今年初めて使うそうです  (さすがに普段使われている物ではありませんでした)

d0146897_21451249.jpg


d0146897_21465233.jpg


昔はこんな車輪のついた窯を引いて、村々を回っていたのでしょか?

窯の前でメニューを書いて準備している 仲の良いYさんご夫婦です

d0146897_21503136.jpg
 

屋外で発酵中のパン生地です

d0146897_21583059.jpg


いろいろなパンを並べて開店準備OKです もちろんYさん達のパンも並んでいます

d0146897_21595332.jpg


T60 T80・・・・と書かれているのは粉の種類で、その数字で灰分の割合が変わってきます

d0146897_2204975.jpg


d0146897_2233882.jpg


周りのお店でも 着々と開店の準備が進んでいます

d0146897_21522320.jpg


今回はそれぞれ違う村のパン屋さん4軒が合同で出店しています

この2人の若者も今パン職人の修行中です (1人はまだ16歳だそうですよ)

d0146897_21571585.jpg


他にもBIOの商品を扱うたくさんのお店が出店されています

d0146897_22134533.jpg


この辺りは乳製品が特に美味しいそうですが、その材料で作られたお菓子のお店です

d0146897_22184492.jpg


この近くにある「サブレ市」が名前の由来という サブレを売っていました
クッキー類をそんなに美味しいと思わない私でもこれは「美味しい!」と思いました 
素材の味が格段に違いました

d0146897_22234044.jpg


ちょっと小さめのガレットです

d0146897_22215411.jpg


手織りのショールやカーデガンを売っているお店で、私達もマフラーを買いました

d0146897_22253638.jpg


もちろんワインのお店もたくさんありましたよ  
・・・・・が今回は修行の身、買わずに帰りました (試飲さえしていないなんて、我ながら驚きです)

d0146897_23253514.jpg




最後におトイレをご紹介します

この二つ並んだ建物がそうですが・・・・・

d0146897_22322916.jpg


中は・・・

d0146897_22332049.jpg


乾燥式トイレといって、右にあるおがくずのような物をかけておくのです
・・・・これも不思議な体験でした



まだ開店前ですが、続きは明日です


そういえば朝Yさんが 「今日は夕飯をみんなで食べた後、フォークダンスのような踊りがあるから、帰りは夜中の1時頃になりそうだから覚悟しておいてね」と言われました

???????? でしょう?
[PR]

by 11monaka | 2010-07-11 21:34 | 旅行
フランスの田舎で うるるん滞在記
翌朝私達2人が起きたときは、YさんもHarukoさんも出かけた後でした

お二人はパンの生地を仕込んだり、会場に荷物を運んだりとすでにお仕事をされていました

この家は10年以上使われていなかった古い農家を買い取り、長年かけてお二人で改造したものです
(1人相談役の職人さんはいたそうですが)

d0146897_527299.jpg


詳しいお話しを聞く時間はなかったのですが、いろいろな所にこだわりのある素敵な家でした

20枚の古いタイルを生かすために散々苦労したという、キッチンの壁です

d0146897_5275740.jpg


キッチンのテーブルの足に古いミシンを使っています

d0146897_5294848.jpg


d0146897_5313241.jpg


ご主人のロナンは家庭菜園がお得意で、家の周りはよく手入れされた果物畑 野菜畑になっています

d0146897_5344319.jpg


d0146897_5361359.jpg


もぎたての苺とラズベリー(フランス語ではフランボアーズ)

d0146897_5471075.jpg


ラズベリーの木

d0146897_5544557.jpg


Kさんの背丈より高い アンティチョークです (へぇ~こんな風に実るのですね)

d0146897_5583829.jpg


グーズベリーの木

d0146897_5573573.jpg



ズッキーニです 巨大な実なのですが大きさが分かりにくくて残念です

d0146897_60726.jpg


サラダ菜とラディッシュ

d0146897_6242100.jpg


家の周りは畑とかわいい作業小屋に囲まれています

d0146897_651071.jpg



毎日取れたての野菜や果物を食べられる幸せ・・・・いいな~と思いますが、とても普通の人にはマネージできません (四角い芝生さえ手入れできない私なんかとても、とても・・)

やはりこれを実践することはすごいエネルギーだと思います

二人の理想の生活が一致して、それを実践されているYさんご夫婦は本当に素晴らしいと思います


・・・・ということで、まだまだお祭り会場にたどり着けませんでした



続きます
[PR]

by 11monaka | 2010-07-10 05:08 | 旅行