ロンドンでパン教室を開講しています
by 11monaka
カテゴリ
LINK
パン教室のホームページ
Audley Baking School

詳しい教室案内やレッスン内容、お問い合わせ、入会申し込みはこちらのホームページをご覧ください。
生徒さん・卒業生専用BBS
パンについて皆さんで語り合いましょう。みなさんの交流の場として、この掲示板をご利用ください。

生徒さんや卒業生のブログ
アロンさんのハンブルク
ロンドン生活
hannah's Bakery
Azul*
パンとお菓子と子供の笑顔
around 30のLONDON便り
真妃の部屋 in TOKYO
La vie de mon_amie
以前の記事
最新のトラックバック
GANTZ ニノ
from 流行のニュース特集!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

お友達のお宅でランチとおしゃべり
今日は友人宅でランチをご馳走になりました

パン友&ランチ友 という仲間の内の2人のご帰国が決まり、今回は一応送別ランチという事だったのですが、そんな事も忘れてすっかり盛り上がってしまいました(笑)

初めてお邪魔したお宅ですが、とっても素敵なお家でしたよ

こんなお家で家事したら楽しいだろうな・・・・って羨ましくなりました
(私の場合 やっぱり 家事はどこでやっても嫌かな?)

ホステス役の友人がほとんどの料理を用意していて下さったのですが、私はパン担当 しまにゃん先生はデザート担当、もう一人が前菜を用意して持ってきて下さいました

私が一番楽な仕事でした
でもその分朝6時起きで、時間をかけてじっくり発酵させた、焼き立てのパンを持参しましたよ



前菜2種です
奥はごまだれのバンバンジー 手前は海老やホタテを使った3色の綺麗なお料理です

d0146897_6332379.jpg




素敵なテーブルセッティングですね

d0146897_6373367.jpg


私が持参したテーブルロール4種です

(同じシンプルな生地で、トッピングを変えただけです)
1,上新粉をまぶした ブレッチェン (PART1 1回目のメニュー)
2,黒ケシの実をまぶした カイザーゼンメル
3,ごまをまぶして、トップをハサミでカット
4,タイガー生地をぬった、ミニタイガーロール

d0146897_6384976.jpg


前菜 もう1品 (パイ生地をピザ風にトッピングしたおしゃれで美味しい1皿でした)

d0146897_6465442.jpg



そしてメイン料理のビーフシチュー

ちょっと高価な赤ワインで24時間煮込んだという、とっても柔らかでジュシーな贅沢ビーフシチューです

d0146897_6443718.jpg



そして にまにゃん先生の力作です 今回も気合いが入っています

大好評だった デザート3種です (すごいでしょう!)

d0146897_6491027.jpg


真ん中にあるのは、ピンクシャンペンゼリーをクラッシュして苺と合わせた、夏らしい大人のデザートです

洋梨のキャラメルムースです
土台のスポンジから、細かいテクニックを使った見た目も味も最高に美味しいケーキでした

d0146897_7171517.jpg



イタリア語で帽子という意味の「ズコット」という名前の手の込んだ珍しいケーキです

2色のスポンジの中にはたくさんのナッツ類を使ったクリームが入っています

d0146897_6591932.jpg


そして料理の時に頂いたこの赤ワインがとっても美味しかったです

d0146897_744470.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-06-30 06:20 | レストラン
出ると負けの試合
先週は金・土曜日とゴルフの試合でした

金曜日のLESSONが終わってから、3時スタートのマッチは、今回が2回戦となります
相手はマッチに強いHC13のリズ・スコットと2年前のキャプテンだったHC27のジョイシーです

(今日はHCの違いから、相手組は私達より7打余分に打って引き分けになります)

今日の試合方法は2人が交互に打つ、フォーサムという競技方法です

強敵2人に対する私達日本人2人組は、最近すっかりゴルフ熱が冷めてさっぱりやる気の無い状態です 

試合に入る前から「ごめん 私が足を引っ張るわ・・・」とお互いに謝っています(トホホホ)

ところが久し振りのゴルフのせいか・・・・・

(これを呼んでる方は「えっ! 久し振り! ついこの間もゴルフ記事書いていたじゃない!」・・・と思われるかもしれませんが、2週間ゴルフを握っていないだけですごい不安なんですよ(笑))

・・・・それが久し振りのゴルフのせいか、かえって良い感じなんです 二人とも

前半はスルスルと3UPまで行ったのですが、相手にHCのあるホールを落とし、前半折り返し地点で2UPでした

ところが後半は相手のジョイシーが絶好調で、とてもHC27とは思えない素晴らしいプレーで今度はズルズルと落としておき16番で追いつかれてしまいました

残り2ホールしかありません

以前好調の続く、リズ、ジョイシー組は17番でパーの5で上がったのです
ここは相手はHCがあるので、私達はバーディーを取らないと負けてしまいます
(このホールのバーディーなんて、1年のうち数回もとることはありません)

たまたま私の打った3打がピン横 3メートルについたのですが、3メートルのパットを入れるのは大変難しいことです

しかもこのパットが入らなくては、この試合は負けという状況・・・・・・

打つのは私のパートナーですが、私は全く期待していませんでした


・・・ところが彼女はそのまさかのパットを入れたのです

そういえば今日の彼女は私のミスをことごとくリカバーしてくれる、大変力強いパートナーでしたが、ここまで根性があるとは・・・・・・失礼しました



そして勝負の18番ホール (パー5のホールです)


それは悪夢の18番ホールでした


ここまでどちらも集中力のあるいいゴルフをしてきたのですが、ここで集中力が緊張感に変わってしまった感じです  (今だから言えるんですけどね)


まずは相手チームのドライバーは左のブッシュ(草むら)へ・・・・・

こちらのドライバーは真っ直ぐ出たものの左にスライスして木の側へ・・・・・

ここから後は神様の意のまま・・・・という感じです


相手のブッシュに入ったと思われたボールは、なんとブッシュを抜けて、良い場所にあるではないですか

一方私達のボールは何と、木の根っこの打てない場所です
(2打はただ出すだけ・・・)

相手の2打は良いところに打ちました

私達の3打は今度は右の木の間に入っていきました 
木の間ではありましたが、まだグリーンも狙える場所です

相手の3打は左のOB杭の方向に真っ直ぐ飛んでいきました

そして私の打った3打は、良い感じで飛び出したにもかかわらず、木の枝に当たってその場にポトリとその場に落ちました

そして相手のボールはOB杭の延長線上に残っていたのです

・・・・・ああ なんて神様は無情なの・・・・

こんな時は神様を本当に恨んでしまいます 

(この前の航空券をゲットさせて頂いたときは、あんなに感謝していたのにね)


そんな「運・不運」に左右された、悔しいマッチの結果でした

自分達の腕を棚に上げて、運・不運のせいにするなんて・・・・と思われるかもしれませんが、実はマッチという1対1(又は今回のように2対2)でやる競技には、その日によって、この運がある人、ない人の差がはっきりでるんですよね 

とうことで、今回はとっても悔しい負け方でした


試合後 美酒に酔うリズとジョイシー

右のリズは最近再入会した人で、女性から見てもかっこいいっと思える素敵な女性です
左のジョイシーは元法廷弁護士だった人です(結構お年だと思うのですが良く飛びます)

d0146897_7144389.jpg



土曜日は二週間前に試合をした「bush Hill Park」とのHOMEでの試合です

前回、相手コースで結構善戦したので、今回は結構いけそうね・・・・なんて話していたのに上がってみれば、何と全敗でした

私は今回はNO2の相手と戦うのですが、この相手は前にはいなかったニューファイスです
しかも彼女は見た目も、プレーも女性版の 「タイガーウッズ」 ジュニアなのです

目鼻立ちのクリッとしたかわいらしい顔の黒人の女の子です
男性では黒人のジュニアーのゴルファーはよく見ますけど、女性のゴルファーは初めてです

しかも後で聞けば彼女はまだ12才とのことです (それでHCが12なんですから 凄いです)

私はこのスクラッチの試合前は相手のHCは聞かないようにしています

相手が私よりはるかにHCが上の人だと分かると、負けても「しかたないよね」っと早々とあきらめてしまうかもしれないし、下だと勝って当たり前というプレッシャーと自分に与えてしまう結果になるからです

そして この12才の女の子の飛距離が凄いのです
私の2倍?・・・・と思える程です

・・・・といっても彼女はドライバーを使わず、全て5番ウッドです
それでも私のドライバーより、はるか彼方に飛んでいます

この日は彼女にとっても調子がいい日だったということですが、ほとんどがパーでした
飛ぶだけでなく、小技もミスがなくいいプレーをしていましたね

もちろん全てのホールでパーオンできますし、パー5では2オンできますから、強いですよ

12才であの距離と度胸があれば、きっとジュニアの世界でもすぐ有名になるでしょうね

そしてもしかしてプロにでもなったら凄いな・・・・なってほしいな

今のところ女子プロで黒人の人っていないように思うけど・・・・

名前覚えておこうっと  「IMANI」 と書いて アイマニーと読むのだそうです

この日デジカメ忘れて写真がないのが残念
[PR]

by 11monaka | 2008-06-29 05:59 | ゴルフ
ガーデンパーティー (その2)
先日羨ましいBBQパーティーの記事を載せましたが、今度もこのお宅でメンバーが変わってのBBQパーティーがありました  

このBBQの前にご主人から「実は今度のBBQは家内の、少し送れてのバースデーパーティーにしたいので、内緒でケーキを作ってもらえないか」というお話しがあったのです

もちろん喜んでお受けしましたけど、人数も分からないし、豪華に見えて手軽にみんなで食べられるものないかしら・・・・と考えました

そして思いついたのが一度は作ってみたかった「クロカンブッシュ」という、小さめのシュークリームを積み重ねていくケーキです

フランスでは結構式の時に作られるようですが、私はまだ作ったことはありませんでした

これだと豪華に見えるし、切り分けたりする手間やお皿の用意もいらないのでBBQにはぴったりですよね

ただこれは組み立てると大きくなり、壊れやすいので現地で組み立てなくてはいけません

組み立てには砂糖と水で飴を作り、シューを盛り上げていきます
(これは何とか、友人である奥様にも見つからずに組み立てができました)
そうそうシューの数を年の数にしようかとも思ったのですが、念のため60個作って持っていったのに少し足りないくらいで、間に苺で隙間を埋めました(かえって豪華に見えて正解)

彼女はロンドンゴルフ界では有名な、数々のタイトルを獲得した有名人でもあります
それにちなんで、トップはゴルファーのフィギュアを飾っています

d0146897_3281286.jpg


d0146897_3423547.jpg


そして今回もBBQの方は超豪華な内容です
この日は外人の方も多く (まぁ ここでは私達が外人なんでしょうが・・・・) 初めてお会いする方も多かったです

ご主人が奥様の誕生会を意識された人選なのか、お二人の昔からのお友達や仕事上の方・・・・面白いのはここのお家の前の持ち主という方も招待されていました



d0146897_3344860.jpg


上の写真すごいでしょう

庭に張られたテントの中に寿司カウンターが作られているのです

d0146897_337090.jpg


d0146897_338194.jpg


d0146897_3404686.jpg


d0146897_3411316.jpg


d0146897_3442136.jpg


今回も豪華な料理の数々ありがとうございまいた

この日のBBQの為に朝の8時からテントを張り始め、(途中風の為に何度か倒れたそうです)
料理の準備をして下さったMご夫婦ありがとうございました

夏はまだこれから、又の誘いお待ちしています!
d0146897_7275355.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-06-28 03:38 | 四方山話
PART3 の4回目と5回目
このクラスは前回 本来なら4回目のLESSONなのに私が間違えて5回目のLESSONの準備をしてしまった為に5回目のLESSONを先にやらざるを得なかったクラスです

でも振り替出席で5回目を受講済みの方や5回目の振り替を今日希望されている方のために、今日は開講校以来初めてのダブルヘッターのLESSONです

正直どうなることかと心配でした
教える方はにまにゃん先生がいるので大丈夫ですが、仕込みの方が6種類のメニュー分を用意しなくてはいけないので、緊張しました

何とか4種類のパン生地は無事発酵し、2種類のお菓子の計量もすみました

今日は「お好み焼きパン」と「ツナマヨコーン」という2種類の調理パンだったので、このフィリングの準備も忙しかったですね

・・・でもそれもこれもぜーんぶ私のミスから起きたこと誰にも文句は言えません
(それでも今回都合がつかなかったEさん ごめんなさい)




・・・・・・とここまで書いたところで、途中休憩をいれMixiを見たら、なんと救世主しまにゃん先生がこの日の事をUPしてくれているではないですか!

私のしょーもない記事より、数十倍面白い彼女の記事に変更です


以下はしまにゃん先生のmixi記事から勝手に全文盗作です


昔は2本立ての映画、ありましたね。

名犬ラッシーと小さな恋のメロディ。不思議の国のアリスと眠れる森の美女。
プレデターとエイリアン。エルム街の悪夢と13日の金曜日。
先の2作は実際に私がみたことのある二本立て。後は知ってましたが見たくありませんよ、怖くて~。

そして今日のパン劇場も2本立て!ツナマヨコーン&バラのパンとお好み焼きパンとノアレザン。

6月も後半に差し掛かってウィンブルドンでは毎日熱戦が繰り広げられている中、今日のお教室ではオードリー・しまアシ組みがダブルスで出場です。

前回の「13日の金曜日」の出来事のため、今回出席の生徒さんたちにはしっかりとフォローをしなくてはいけませんので、今回は≪一粒で2度おいしい≫どこぞのキャラメルみたいなレッスンを!ってなわけで・・・。

2レッスン分の仕込みです、間違えてはいけません。天才ブレッドメイカーオードリー先生と打ち合わせのしまアシ、今回ばかりはメモとりです。

ダブルスを組んでのレッスンなのでオードリー先生がお好み焼きパンとノアレザンの分割をすれば、隣でしまアシがバラのパンとツナマヨコーンの分割。
オードリー先生がレアチーズケーキ、しまアシがショートブレッド。
同時進行のレッスンなんて今までない試み。
たくさんのパンで発酵器もオーブンも満室状態。

それでも何とかレッスンを無事、成し遂げることが出来ました。
オードリー・しまアシ組は笑顔で観客に手を振り、コートを去っていきました。せわしなかったでしょうが、にこやかにレッスンを受けてくれた生徒さんにこそ拍手!ですね。

あ、ウェア(エプロン)が白じゃなかった?まずいですね、ウィンブルドンでは白が基本です。以後気をつけます。



写真もあります  (今日からデジカメが変わりました)

まずは「あなたはあっち、私はこっち」状態のLESSON、これって違うこと教えてるのよね

d0146897_571325.jpg



LESSON風景

d0146897_591735.jpg


d0146897_5112216.jpg


d0146897_5125012.jpg


d0146897_5133030.jpg


d0146897_514834.jpg


d0146897_515735.jpg


d0146897_5163418.jpg



試食タイム

d0146897_5172519.jpg


d0146897_518717.jpg


d0146897_5185530.jpg


d0146897_5194215.jpg



今回の写真 K沢さんの笑顔が光っていますね

[PR]

by 11monaka | 2008-06-27 03:51 | 今日のlesson
PART2 56回目 木曜日クラス
本日のメニュー

アップルクランブル&紅茶の食パン&プチットプランセス


d0146897_532346.jpg



LESSON風景

d0146897_546238.jpg


d0146897_546563.jpg


お腹の赤ちゃんもこの教室のざわめきを覚えているかもしれませんね

d0146897_5574869.jpg



試食タイム

d0146897_5494527.jpg


d0146897_5503613.jpg


d0146897_5515258.jpg




集合写真です


d0146897_5354470.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-06-26 05:26 | 今日のlesson
旅先で出会った犬達とトリマー
先日のコッツウォルズにはモナカさんも同伴でした

今まで遠出をしたことがないのと、途中食事の時間があるので連れて行くかは結構悩みました

でも旅行先で犬を連れた方達に会うといつも羨ましく思っていましたから、今回は思い切ってはご同伴です

道中長いので少しでもリラックスできるようにと、彼女がいつもお昼寝に使う枕(人間用)を持って行きました。 これが正解でした
いつもは車の中では、窓から外を眺めたり、座ったり立ったり落ち着かないのですが、この馴染みの枕があったお陰で、ずっとこの上に寝そべって大人しくしていました

そして今回の旅の大きな収穫は、他の犬との社交性が身に付いたことです(多分)


この犬は名前は忘れましたが、猟犬でこの間キツネを捕まえて来たそうです
キツネは毒があるでの怖い・・・・と飼い主さんはおっしゃていました

d0146897_6464283.jpg


d0146897_6492965.jpg


次に会ったのは立派なハスキーでした
彼は両目の色が違うという珍しい犬でした (まるでカラーコンタクトしているみたいでしたよ)

d0146897_6514543.jpg


d0146897_6524539.jpg


結構無視される事が多かったですね (これも躾ができているのでしょうね)

d0146897_6535180.jpg



散歩嫌いのモナカさんは、他の犬と接する機会が全くなく、他の犬を見ると吠えたりしてあまり良い子とは言えませんでした

ところが今回の旅でたくさんの初対面の犬たちと出会い、大人しくご挨拶ができるようになったみたいです。最初は出会う犬を見るたびに吠えていたのが、段々大人しくなって・・・・最後には「もう犬は珍しくないわ・・・・」とばかりにあまり興味を示さなくなったのです

それにしてもこちらの犬達って本当にお行儀がいいのね
犬同士が出会っても、決して吠えたり、追いかけたりしないもの
それって、生まれでなくて育ちによるものみたいですね (イギリス生まれで日本人育て)


旅から帰って、翌日はトリーミングに行ってきました

ここはトイプードル専門のトリーマーさんで、何と40年前からやっているそうです
ご自宅の庭に小屋を建て、そこでお仕事をされています
さすがにもうお年で若いアシスタントの方を使ってやっています


ここのおばさんは結構厳しくて前日は特に念入りにブラッシングをやっておかないと怒られます
そして手入れが悪い時は割り増し料金になります(反省)



入り口からの写真 (まだ私が分からず、ぼんやりお迎えを待っています)

d0146897_721438.jpg


目が真剣です (お疲れ様でしたね)

d0146897_71734.jpg


トリマーの作業台の上で (一刻も早くここを去りたい様子です)

d0146897_765038.jpg


d0146897_774879.jpg


お庭できれいな姿を記念撮影  (このフワフワの美しさも2,3日かな)

d0146897_7113272.jpg


d0146897_712245.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-06-25 06:39 | 愛犬monakaのコーナー
PART 2 5回目 火曜日クラス
今日のメニュー

紅茶の食パン&アップルクランブル&プチットプランセス

紅茶の食パン (1人1本お持ち帰りです)

d0146897_23594754.jpg


アップルクランブル (リンゴの酸味とカスタードの相性がいいのです)

d0146897_01929.jpg


プチットプランセス  (プレーン味とチョコ味)

d0146897_035910.jpg


d0146897_051125.jpg




LESSON風景と試食タイム

d0146897_062741.jpg


d0146897_073799.jpg


d0146897_082980.jpg


d0146897_092171.jpg


d0146897_0101672.jpg


d0146897_0111656.jpg



そういえばこのクラスに、今までメロンぱんもチョココルネも食べた事がなかったいう方がいらっしゃいます あの日本のコンビニに並んだいろいろな種類のメロンぱんに惑わされなかった凄い方とも言えますよね

でも彼女この教室で作ったメロンぱん チョココルネ そして今日のアップルクランブルを絶賛してくれました  (ヘヘヘ・・・これが言いたかったの)
[PR]

by 11monaka | 2008-06-24 23:40 | 今日のlesson
Tea Room Juri's
バイブリーの村から、今回の目的の一つでもあるチェルトナムの村に向かいました

ここに今年の「TOP TEA PLACE」に選ばれた 日本人の宮脇Familyが経営されるTea Room Juri’s があります

d0146897_19552649.jpg


外国人がこの栄誉ある賞を受賞されたといことで、イギリスや日本のメディアに取り上げられてお店もお忙しそうです

幸い私達は本来受けないという予約を受けて頂いて、ゆっくりフルアフターヌーンを楽しんできました

お店の中の様子

d0146897_195922.jpg


d0146897_4174944.jpg


アンティークな感じの素敵なティーポットとカップ

d0146897_19574311.jpg


サンドウィッチ

このサンドウィッチがとっても美味しいの!
まずパンが日本のパンのように真っ白でしっとりフワフワ(残念ながらパンは手作りではないそうです) しかも中のフィリングが日本人好みの「半熟っぽい卵マヨネーズ・ツナマヨ・チーズ&きゅうり」という組み合わせです

d0146897_4185849.jpg


スコーン

うーん こんなにソフトなスコーンは今まで食べたことありません
確かに私達日本人の好きな食感だけど、イギリス人もOKなの?・・・と思ってしまいました
残念ながらこのソフト感の秘密は企業秘密だということで教えて頂けませんでした

d0146897_4244866.jpg


ケーキはたくさんの種類があって、自分の好きなものを選べます
4人とも違う物を頼んで、少しずつ味見させて頂きました

d0146897_4354442.jpg


苺のショートケーキ (本来はイギリスにはないケーキの筈です)

d0146897_4272515.jpg


アップルケーキ

これは生地がソフトでしっとり とっても美味しいケーキでした

d0146897_441545.jpg


モカケーキ

これはバタークリームのケーキでしたが、バタークリームがとってもなめらかでした

d0146897_4422095.jpg


ショコラムース

これは小麦粉を全く使っていないとのことでした
ムースとなっていましたが、粉の入らないしっとりガトーショコラという感じです(焼いています)

d0146897_4343848.jpg


天井にブドウのツルが広がった素敵なサンラウンジ

d0146897_444582.jpg


屋外のテラスもいろいろな花が咲き乱れてきれいに手入れされています

d0146897_446981.jpg


このお店の名前にもなっている、宮脇樹里さんというお嬢さんはロンドンのコルドンブルーでお料理・お菓子を勉強され、グランドディプロマを取得されています 
その後ホテルの厨房で勉強されたりしていますが、その頃の様子を「コルドンブルーの青い空」という本にして出版されています。(今は二冊目を執筆中とのことです)

そしてこのコッツウォルズの地にご家族と一緒にお店を出されて4年ほどだそうです

わずか4年ほどで、この保守的な土地の人々に愛されるTea Roomになり、更に今回の名誉ある賞を受賞されたのは大変名誉な事だと思います

正直驚いたのは、どれ一つを取っても確かに私達日本人好みの味だけど、これが本当にあの保守的なイギリス人の味覚に受け入れられたのかしら・・・・とうことです



・・・・・なんだ、イギリス人も味分かるじゃん・・・・なんて書いたら怒られるでしょうね
(だからここだけの話にしてね)





Website:www.Juris-Tearoom.co.uk  
TEL 01242 602469
定休日 月曜&火曜日
[PR]

by 11monaka | 2008-06-23 20:00 | レストラン
コッツ ウォルズ
この日は日本からのお友達父娘をコッツウォルズ地方へご案内しました

イギリスで一番美しい風景といわれる、コッツウォルズ地方を前に訪れたのはもう10年前のような気がします

もちろんこの地方の風景は10年くらいでは少しも変わりませんけどね

今回は初めて訪れる村もあって、とても楽しめました

そして今回はモナカも同伴の初めて旅行でもあります

初めに訪れた村は「バイブリー」という川沿いのとってもきれいな所でした(ここは初めて来ました)

d0146897_19371320.jpg


d0146897_19382384.jpg



d0146897_19392244.jpg




勝手にモナカさんを繋いでおきました

d0146897_19403362.jpg


それにしても本当にきれいな風景でしょう
観光客が通る道沿いの家々は、当然見られることを意識して競い合うように、美しい庭作りをしています。
私達が憧れる田舎の美しい風景そのままが、絵のように広がっているのです

車で通り抜ける村々の家並みが、絵になる美しさなのですが、この村々に建つ古い家(一見農家のような貧しげな家)でも、何とお値段は日本円で1億円以上もするのですよ

ちょっと夢の無い現実的な話しになりますが、このような田舎の家を買って住むのはロンドンのような都会から、町の家を売って老後に移り住む人が多いそうです

当然家の値段も上がるはずですよね

この後チェルトナムの村へ行き、今回の旅行の目的でもある TEA ROOM Juri’sでアフタヌーンティーを楽しんできました(この記事は改めて詳しくUPします)

途中で迷い込んだ農道の脇には、広大な麦畑が青々と広がっていました

d0146897_20885.jpg


d0146897_2071967.jpg


こんな元気のいい麦から、美味しいパンは作られるのですね
d0146897_2028196.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-06-22 19:34 | 旅行
名門ウェントワースで
ロンドンの西に名門ゴルフ場「Went Worth Golf Club」はあります

d0146897_1973534.jpg




ここは毎年秋に 「世界マッチプレー」の試合が行われるゴルフ場です

タイガーウッズなどの世界ランキング上位の選手が一同に揃い、いつもと違う緊張感の中マッチプレーが行われます

このゴルフ場には3つのコースがありますが、その中でWestコースというコースが一番難しくマッチプレーもこのコースで行われます

ここは以前は日系の経営者だったこともあり、日系の企業がメンバーになっていたり、個人でメンバーの方も数人いらっしゃるようですが、私達庶民にはなかなかプレーする機会のない名門コースです(もちろん プレー費も他とは比べ物にならないくらい高いようです)

その名門コースにダンナの友人が招待を受け、私達もおまけでお誘いを受けたのです

ご招待して下さった上、一緒にラウンドして下さったSさん どうもありがとうございました
(もちろんこのブログの事はご存じありませんけど)



そしてコースもせっかくだからと一番難しいWestコースです

d0146897_19131774.jpg


d0146897_19144087.jpg


ここはラッキーな事に何度かプレーしていますが、毎回全く歯が立たず、完全に打ちのめされて帰ってきます

そして今回も例外ではなく・・・・・100を超えてしまいました

数個のパーは取れても、いくつかのホールでどうしても多叩きをしてしまうのです

それにしても、ここは落とし穴の多い本当に難しいコースです

肝心の日本からのお客様は何と、スタートのパー5でいきなりバーディースタート・・・・・

気を良くしてスタートしたのですが、上がってみれば120を超えてしまったとがっくりされていました

ちなみのこのゴルフ場の中に、シルベスター・スターローンやアーニーエルスの家があります
他にもこゴルフ場の中には、ものすごい豪邸がたくさんあります

そういえば昔このコースで日本の青木がホールインして、賞品にこの敷地内の家を1軒もらった事があったそうです(何かスケールが違って、庶民にはピンときませんね)

(コースの写真より家の写真を撮っておけば良かったわ)
[PR]

by 11monaka | 2008-06-21 18:59 | ゴルフ