ロンドンでパン教室を開講しています
by 11monaka
カテゴリ
LINK
パン教室のホームページ
Audley Baking School

詳しい教室案内やレッスン内容、お問い合わせ、入会申し込みはこちらのホームページをご覧ください。
生徒さん・卒業生専用BBS
パンについて皆さんで語り合いましょう。みなさんの交流の場として、この掲示板をご利用ください。

生徒さんや卒業生のブログ
アロンさんのハンブルク
ロンドン生活
hannah's Bakery
Azul*
パンとお菓子と子供の笑顔
around 30のLONDON便り
真妃の部屋 in TOKYO
La vie de mon_amie
以前の記事
最新のトラックバック
GANTZ ニノ
from 流行のニュース特集!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 02月 12日 ( 1 )

洋梨のタルト&アップルティーケーキ  2回目
今日は今月の単発LESSON 2回目です

d0146897_1585663.jpg


今日はお菓子で使うお酒についてご紹介しましょう。

私のお菓子のレシピはお酒を使うことが多いです。(そのまま飲むのも好きですが・・・)
お菓子の場合材料は、バター・小麦粉・卵というのが基本です。それに生クリームを加えたり、フルーツを使ったりしてバリエーションが広がりますね。
でも基本材料の味は同じなのです。そこに味の深み、うま味を増すのが洋酒の役目です。
量的にはそんなに多くなくても、グーッと美味しさが増します。
又アルコールには殺菌作用もあるので、お菓子の保存性を高める働きもあります。

下の写真は今日のお菓子の使ったお酒です。左端はアーモンドの香りの「AMARETTO」真ん中はリンゴのお酒カルバドス「CALVADOS」右端は洋梨のお酒ポール・ウィリアム「Poire・William」です。

d0146897_2103253.jpg

お菓子で一番よく使うお酒が、柑橘系のリキュールのコアントロー、ブランデー・ラム酒等です。今回のようにフルーツを使うお菓子の場合は、そのフルーツに合わせたリキュールを使うとそのお菓子の個性や美味しさが増してきます。
ただよく使うお酒ではないので、そのお菓子の為だけに買うのももったい気もしますね。
特に今日のようなフルーツ系のリキュールは結構高いのとなかなか売っているお店がないので捜すだけでも大変という事もあります。
お菓子の原価で一番高くつくのがお酒代かもしれませんね。有名なお店の値段の高いケーキというのは良いお酒をふんだんに使っていることが多いようです。頂き物のナポレオンなんて高級材料ですよ。是非揃えて欲しいのは何にでも合うコアントローです。生クリームの泡立てにもよく合います。

今日のLESSON風景です。

d0146897_2113289.jpg

[PR]

by 11monaka | 2008-02-12 10:29 | 単発 レッスン風景